SIMカードを他の端末で使う方法

便利なモバイル端末の増加によって、一人あたりのモバイル端末所持数は増加傾向にあります。

モバイル端末には通常、SIMカードと呼ばれる極小のカードが挿入されており、このカードを端末に挿入することで通話やインターネットを利用できるようになります。

こだわりのSIMの情報が揃っています。

SIMカード1枚あれば、これを他の端末に差し替えて利用することも可能です。
複数の端末を状況によって使い分けられるのは便利なので覚えておくと良いでしょう。

SIMカードの差し替えで注意しておきたいのが、端末側のロックが解除されているかどうかです。


ロックが解除されている端末をSIMフリーと呼び、カードの差し替えを自由に行うことができます。

最近の端末はロックが解除されていまることがほとんどですが、携帯会社が提供するスマートフォンなどはロックされていることがあります。

これは最寄りの店頭に持ち込んで相談すればロックを解除してもらえます。

購入時にロックを解除してもらうのも良いでしょう。


モバイル端末にSIMカードを挿入する時、端末とカードの規格が同一の物で無いと正常に起動しません。

技術の向上で度々規格の変更がされており、SIMカードは段々小型化しています。

SIMカードの小型化に合わせて、モバイル端末の方でも挿入部分の規格が変更されています。
新しい規格と古い規格では基本的に動作保証はされておらず、無理やりカードを挿入しようとすれば機器の破損やトラブルの原因になるので避けましょう。
条件があるものの、SIMカードの差し替えで様々な端末を使い分けられるのは大きなメリットです。



電話番号やネット回線の情報はSIMカードに記録されているので、差し替えても同じ電話番号とネット回線、料金プランもそのまま利用することができます。

スマートフォンなどの機種変更も容易になり、A社のSIMカードでB社の端末を使うといったことも可能です。


ただし、先に書いたようにカードの規格と端末の規格が同一であることが条件です。
機種変更以外で差し替えて使う状況を考えてみると、メインで使っている端末が何らかの事情で使えなくなった時に予備の端末を使うことが挙げられます。故障や破損は勿論、充電切れの時にも有効だと考えられます。

ただし、SIMカードは頻繁に差し替えて使うことを想定されておらず、差し替え過ぎると破損や接触不良になりやすいです。



小型のカードなので取り外す時に無くしてしまうことも考えられます。

十分注意して利用しましょう。

新しい規格のモバイル端末を利用したい時は、SIMカードを新しい規格の物に変更する必要があります。

変更は最寄りの店頭かネットサイト上から行えます。

古いカードを解約して新規契約をするか、古いカードの情報を新しいカードに引き継ぐことができます。
前者の場合は現在使っている電話番号を解約するので新しい電話番号を利用することになります。後者の場合は引き続き現在使っている電話番号を利用できます。