ダーツを購入する際にはバレルに注目すべき

  • 始めてのダーツ選びでも迷わないおすすめの方法

    • バレルはダーツの心臓部とも言えるパーツです。

      おすすめのダーツのココだけの話をしましょう。

      バレルの選び方次第でダーツの上達も変わると言っても過言ではないのですが、初心者にとって、どのようなものを選ぶのが良いのか分からない人も多いと言えましょう。



      ちなみに、バレルは単品で販売が行われているタイプと、チップやシャフト、フライトなどが同梱してあるセット品もあるので、初めての時には同梱されているものを買うのがおすすめです。
      パーツは個別に買うこともできるのですが、重心位置がどこにあるのかを調べなければ自分に合った道具選びができません。

      その点、セット品は全体のバランスを考慮してセット品にしているため、失敗が少ないなどのおすすめのポイントもあります。
      バレルには素材や形状などの違いで、いくつかの種類に分かれています。

      素材はバレル自体が太めのブラスや細いフォルムを持つタングステンなどがありますが、初心者におすすめと言えるのは重量がある程度あり、握りやすさを持つブラス素材です。



      タングステンはブラスと比べると丈夫ですが、握り部分が細いのでダーツが初めての人にはやりにくさを感じるかもしれません。

      最も、タングステンはダーツ上級者向けと言っても良いので、ブラス素材を選んでおくのがおすすめなのです。


      実際に手に持った時、どこに重心があるのかが分かるものと分からないものでは投げやすさが変わりますが、トルピードと呼ぶ形状はグリップ位置が分かりやすくおすすめです。

      ストレートの形状はフォルムがシンプルではあるのですが、重心位置が分かりにくいのでダーツ初心者はトルピードを選ぶと良いでしょう。