格安SIMは今かなり人気があります

携帯、スマホは今一人一台持つというのが当たり前の時代になっています。便利なものですし、通話だけではなくネットで調べものをしたり、音楽を聞いたり動画を見たり、スケジュール管理をしたりと日常的な生活でも仕事でも必要不可欠となっています。そんなスマホですが、料金のことを考えると意外と家計を圧迫していたりします。


キャリアでしたらかけ放題で容量も増やせば1万円ぐらいします。

一人一台で家族全員持つと考えるとその負担はかなり大きくなるでしょう。


そこでせめて学生の子供、また家族でもっと安いプランにしたいということでキャリアから乗り換えを考えている方も増えています。

実際に乗り換えされたり、安いからということで2台持ちをされているケースも増えていてその契約数はうなぎのぼりとなっています。



ここで格安スマホはどうやって使うかということですが、まずはSIMカードを購入してそのカードを入れて使うというのが前提にあります。

SIMとは何かというと、電話番号を特定するための固有のID番号が記録された、携帯やスマートフォンが通信するために必要なICカードのことです。


それぞれのカードに固有の番号が記録されていますので、そのカードを入れ替える事でその端末は自分のデータが入った端末ということになります。カードの形状は標準タイプ、ナノタイプ、ミクロタイプと3つあり、今の主流はミクロタイプという1番小さいなものです。



しかし対応機種などはそれぞれ異なりますのでお持ちのスマホがどのカードなのかを調べてから購入することが注意点です。
しかしここで重要なポイントがあります。

まずキャリアで販売されているスマホや携帯機種のほとんどはSIMロックがかけられているということです。



以前はロック解除が出来ないこともありましたが、2015年から総務省からの通達でロック解除を義務付けるということが通達されていますので、今はどこのキャリアでもロック解除をしてもらうことが出来ます。
ちなみにキャリアに持参すれば3000円程度の費用で作業をしてもらうことが出来ます。
契約解約した端末においても、捨てずに取っておけば格安SIMを使う際に使用することが出来ます。

しかし、中にはロック解除を必要としない端末もあります。それがSIMフリー端末と言われているものです。

このタイプでしたらロック解除をせずにそのままカードを入れて使うことができます。キャリアの縛りなどももちろんありませんし、各プロバイダからさまざまなプランが出されていますので、ニーズに応じて選択していく事ができます。

格安スマホにすることで、月々の料金をキャリア時代の3分の1まで抑えることが出来たという声もあります。
しかしその反面速度が遅くなってしまった、電波があまりよくないといった声もありますので、その点は比較検討をする際に気を付けましょう。格安スマホの世界でも家族で持つと安くなるプランもあります。