SIMカードを使うならロック解除が必要な事もある

格安スマホのCMは今かなり流れていますので、キャリアからの乗り替えを検討されている方も多いのではないでしょうか。
実際乗り換えしたり、新しく格安スマホを契約された方の数はうなぎのぼりとなっていて、飽和状態とも言われています。

かなりデータ量が増えて通信速度が混雑時はかなり遅くなるという声もあります。

それでも料金的な面ではキャリアの利用時の3分の1になったという声もありますし、使う頻度にもよりますがとにかく料金を安くしたいという方にはとてもおすすめです。ところで格安スマホってどうやって使うのか、という初歩的な疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

まずスマホや携帯電話はSIMカードというものが挿入されていなければ使うことが出来ません。


wifiモデルと言われているものは、キャリアメールや電話番号を使った通話というのは出来ませんし、このカードは必要ありません。


しかしプロバイダやキャリアとの契約を利用して使用する際にはこのカードが必要です。
SIMカードとは、電話番号を特定するための固有のID番号が記録された、携帯やスマートフォンが通信するために必要なICカードのことです。

そのため入れ替える事でどの機種でも自分のデータを利用して使うことが出来るようになるという原理です。
しかしここで重要なポイントがあります。
それはキャリアなどで販売されている機種のほとんどはSIMロック解除という作業をしなければならないという点です。

他の格安SIMなどを利用する際には、ロック解除をしないとカードを使うことが出来ないということです。
ロック解除にあたっては、各キャリアに持参すれば3000円程度で行ってもらうことが出来ます。



しかしロック解除することで保証などが外れてしまうことになりますし、同時に契約解約する場合には解約月によっては料金が発生することもありますので要注意です。
まだ2年縛りといったプランを利用されている方も多いと思いますので、解約をする月というのも意識して決断するようにしましょう。

また、SIMロック解除をしなくても使える端末というのもあります。

それがSIMフリー端末です。

これはこういった名称で売られていたりしますのでロック解除せずそのまま格安SIMなどを購入して使えます。キャリアの縛りもありませんし、プロバイダから各種出ているプランというのはかなり豊富になりますので選択肢が広がることになります。



また、格安プランはキャリアの料金よりもかなりリーズナブルに設定されているため、毎月の支払の金額もかなり落とす事が出来るでしょう。

しかし、ここで注意したい点というのがあります。

それは格安SIMカードを利用した際には、デメリットもあるというkとです。



料金は安いですが、電波の状態であったり、混雑時の通信速度というのはキャリアには勝てないということがあります。


その点は理解した上で契約をすることをおすすめします。