格安SIMへ移行する際の注意点

格安SIMという言葉をつい最近聞くようになってきた人も多いかと思います。

これは、キャリアなどからネットワークを借りてユーザへサービスを提供するMVNOの会社が提供するSIMのことになります。キャリアだと携帯料金が月7000円近くするかと思いますが、これがこのMVNOのSIMであれば月2000円程度で済むこともありますので、格安という言葉がついております。

では、この格安SIMは皆が使えるものなのかといえばそういうものではありません。やはり、キャリアのほうがいい人がいます。それでは、この格安SIMへ移行するときの注意点というのを記述していきます。

まずは、当然ですがキャリアのメールアドレスが使えなくなります。



同一のキャリアに長くいるとその会社のキャリアのメールアドレスを様々なところで使ってしまっている場合が多くあります。
このメールアドレスを失うことが大きな壁になる人は年配の人のほうが多いでしょう。

現在であれば、クラウドのメールサービスもありますのでいくらでも移行することは可能になります。

また、アプリなどを使えば受信したときにPUSH通知を受信することも可能ですので、基本的にこの点に関しては頑張れば移行することができる点といえます。



ただし、キャリアのメールアドレスを必須としているサービスもありますので、そのようなサービスを使っている人はこの格安SIMへ移ることはできません。

次の注意点としては、基本的に格安SIMには、店頭のお店はないことが多いです。
つまり、自分自身ですべての設定を行わなければなりません。

つまり、一定以上のスマートフォンに対する知識が必要となるでしょう。
キャリアで端末を購入すれば、SIMなどを認識する必要はありませんでしたが、それはすべてキャリア側の店員がすべて行ってくれていることが理由になります。

格安SIMでは、このへんの設定を自分自身で行う必要がありますので、スマートフォンに対する知識に自信がない人にはおすすめできるものではありません。
また、キャリアの通信価格に月7000円と記述しましたが、これは実質的には端末の価格が含まれております。2年に1回最新の高額機種を購入したい人にとっては格安SIMへのメリットが小さくなります。



端末補助がありませんので2年に1回10万円近い金額が必要になってしまいます。


つまり、この点から考えると端末はキャリアで購入してから2年たって端末割引がなくなったときにこの格安SIMの方に移ってくるのが金銭的にもっともおすすめな方法といえるでしょう。

そして、その次に端末を購入する場合はキャリアのように高額な端末ではなく安い端末を買うことによってこの金銭的なメリットが大きくなります。
格安SIMは、一定の条件はありますが、間違いなく使えれば月の携帯料金の値段を下げることが可能になります。

金銭的に苦しい人はもちろん、そうでない人も検討の余地はあるといえるでしょう。