格安SIMで通信費を節約してスマートフォンを利用

日本国内においては、長らく携帯電話の事業者が大手キャリアと呼ばれる企業の寡占状態にあり、ユーザーはNTTドコモかau、そしてソフトバンクといういずれかの携帯電話会社との契約を行う必要がありました。
それらの大手キャリアは通話品質やサービスの面でたいへんサポートが充実しているために、多少の通信費の高さは気にならないという人も少なくありませんが、スマートフォンの契約を行う場合には従来の携帯電話よりも使用料金が割高となるということも知られており、そのことからスマートフォンへの移行を保留としているケースも見られます。
そのような状況で、携帯電話の会社をもっとユーザーが自由に選び行き来できるようにすることを目的とし、料金の公正な競争を促すという観点から2015年5月より、総務省主導によってSIMロックの解除が義務化されることとなりました。

そのために各大手キャリアで通信端末の利用をそのキャリアのみに制限する縛りが条件によって解除できることとなり、ユーザーの流動性が高くなりました。

ロック解除の条件についてはさらに緩和されており、端末を一括支払いで購入後に関しては直後にSIMロックの解除が可能となっています。

つまり、実質的に2015年5月以降に発売となったスマートフォンの端末は、カードを入れ替えることによってどのキャリアでも利用することが可能となったのです。

さらにその状況を加速する格安SIMを利用した「格安スマホ」も仮想移動体通信事業者より続々とリリースがはじまりました。

大手キャリアと「データ通信基本料金」などで大幅に差別化をはかることができることとなったために、スマートフォンの料金は高いというイメージを覆して、きわめて安い利用料金体系が導入され消費者にインパクトを与えました。大手キャリアの半額か、契約するプランによってはそれ以下の費用に圧縮することが可能で、高騰化が顕著であった月額利用料金の状況に一石を投じることとなっているのは御存知の通りです。

その月額利用料金においても、格安SIMを取り扱うMVNO(仮想移動体通信事業者)の料金プランは、比較的シンプルなものが多いのが特長となっています。大手キャリアの料金体系は、さまざまな割引サービスを組み合わせて複雑な物となっておりユーザーが混乱する原因ともなっていますが、シンプルな料金体系がわかりやすく、各MVNOのプランをすっきりと比較検討ができるので良いとおおむね好評となっています。

通信に関しては大手キャリアの設備を借りることで運営されているため割安になりますが、格安SIMを選ぶ際には実際の通信速度も重要と言われることもあります。



通信網は大手キャリアの設備を使用していますが、最優先の通信はキャリアのスマートフォンのためにMVNOの格安SIMは通信速度がやや低くなる可能性があるためです。



ただし、実感的に大きく遅くなるということは少なく、通信品質そのものは安定しているために特に大きな問題とはならないでしょう。