SIMカードは目的で決める

スマートフォンやタブレットなどのモバイル機器はSIMカードを挿入することで電話やネット回線を利用できるようになります。

SIMカードには電話番号やネット回線を利用する為の情報が内蔵されており、提供している通信会社によって料金やネット回線の速度などが異なります。
通常はモバイル機器の購入時にSIMカードも一緒に契約して入手します。



後から利用者の目的や用途が変わった場合、現在利用しているカードの利用を停止して、新しいカードを入手することもできます。

SIMカードは規格が異なるものがあり、新しいものほどサイズが小さくなっています。

モバイル機器も対応している規格が異なるので、所持しているモバイル機器とSIMカードが同一規格の物でないと正常に認識することができません。

逆に同一規格同士であれば、SIMカードを他のモバイル機器に入れ替えて利用するということが可能です。
機種変更する時も同一規格同士なら手軽に機種変更できます。

SIMカードは大きく分けて高速回線タイプ、格安料金タイプ、携帯キャリアタイプの三種類に分類することができます。
目的や用途に合わせて最適なものを選べば、快適にインターネットを利用したり、利用料金を節約したりできます。

複数の端末を同時に利用したい場合、複数のSIMカードを契約して使うということもできます。

高速回線タイプはインターネットを快適に利用できるようになるSIMカードです。回線速度が優れているのは勿論、毎月の通信量に制限が無いタイプや制限が緩いタイプなどがあります。
インターネットの利用頻度が多い人や大容量の動画視聴、大きなデータを扱うことが多い人に人気があります。

利用料金は月額4000円~5000円くらいが相場になります。


格安料金タイプは最低限の性能でとにかく料金を抑えたいという人に人気があります。

ネット回線は標準と低速、毎月の通信量に制限があり、制限が掛かると回線速度は低速になります。



標準速度ではサイトの閲覧や動画の視聴はまずまずのレベルですが、低速になると動画の視聴で読み込み時間が長くなるなどストレスを感じるレベルになります。



毎月の通信量が最低のプランだと1GBで1000円未満、3GBで1600円前後となっています。


携帯キャリアタイプは電話やネット回線を利用できるだけでなく、キャリアメールを使えるというメリットがあります。キャリアメールは昔の携帯から同じアドレスを使い続けている人にとって手放せないものです。

携帯キャリアタイプは料金プランの種類が多く、変更しやすいのが特徴です。

最近ではネットは最低限のプランにしてキャリアメールを残すという使い方があります。

SIMカードは店頭もしくは通信会社のサイト上から新規契約することが可能です。
契約時に事務手数料が発生しますが、新しい電話番号やネット回線を届いたその日から利用できるようになります。

利用している通信会社の料金プランやネット回線に不満があるなら、新しいSIMカードの契約を検討してみると良いでしょう。