モバイルルーターに使うSIMカード選び

ネット回線を気軽に利用できるモバイルルーターは回線工事が出来ない家に住む人や通信費を節約したいという人に人気があります。

このモバイルルーターにはSIMカードと呼ばれる極小のチップが挿入されています。このチップにはネット回線を利用する為の情報が内蔵されており、モバイルルーターにチップを挿入しないとインターネットを利用することはできません。
普通はモバイルルーターの購入時にSIMカードを同時に契約して入手するのですが、端末だけ中古で購入したり、他人から端末を譲ってもらったりする時はSIMカードの新規契約が必要になります。SIMカードの入手方法はMVNO各社、携帯会社が提供している物から選ぶことになります。

それぞれの会社によって提供しているサービスは異なるので、料金プランや回線速度は用途に合わせて選択したいです。

モバイルルーター用にSIMカードを入手する場合、通話非対応のカードを選択すると良いでしょう。



モバイルルーターに通話機能は無いので、通話対応のカードを契約しても料金が高くなるだけで意味はありません。

通話非対応のカードはMVNO各社から選択すると良いです。

また、モバイルルーターとSIMカードは同一規格の物を選択する必要があります。

規格が異なる物同士では機器が正常に動作しないので注意しましょう。

MVNO各社のSIMカードを契約する時は、使用目的や用途を明確にして契約する会社を決めたいです。

モバイルルーターに使うSIMカードだと、最低限のネット環境が使える格安タイプや高速回線でネットを快適に楽しめる高速回線タイプなどがあります。

格安タイプのSIMカードは毎月の通信量を自分で決めて契約するのが一般的です。



例えば、毎月3GBの料金プランで契約した場合、3GBまでは標準的な回線速度で使えます。
3GBを超過すると回線速度は制限され、翌月の1日まで低速回線を使用することになります。3GBの料金は月が2000円未満に抑えられるので、格安タイプはネットの利用が少ない人におすすめです。
高速回線タイプのSIMカードは文字通り高速回線を利用することができます。

主に動画の視聴やオンラインゲームを快適に楽しみたいという人に人気があります。通信量の制限は緩く、制限されても数日で解除される料金プランもあります。

料金は4000~5000円と高いですが、個人で使う場合はスマートフォンなどのネット回線を解約して、モバイルルーター1本に絞ることで通信費を節約できます。


MVNO各社は独自のサービスを提供しています。

一見同じように思えるサービスでも料金が違うことがあり、実際に利用してみると回線速度に差があることもあります。

他にも、新規契約時にモバイルルーターが無料になるキャンペーンや1万~2万円くらいのキャッシュバックを受け取れるキャンペーンを実施していることがあります。

MVNO各社のこうした情報はサイト上にまとめられているので、契約前に調べておくと良いです。