SIMフリーのスマートフォンの特徴と人気の理由

SIMカードは、SubscriberIdentityModulecardのことで、その電話を識別するID番号が記録されているのが特徴の携帯電話やスマートフォンで通信するために必要なICカードです。

SIMカードのサイズは以前に比べてドンドン小さくなっており現在主流であるnanoSIMと呼ばれるタイプは以前利用されていた標準的なものに比べると約半分程度にもなっています。そんなSIMは以前では携帯電話の会社ごとに使える端末が決まっており利用制限されていたため、他の会社に乗り換えるときにはその端末は使えなくなってしまっていましたが、2015年5月にSIMのロック解除が義務化され、以降に発売されたスマートフォンではほとんどがロック解除できるようになっています。
そのため今ではどこの通信会社でも使える端末として売られているものがあったり、キャリアで販売されている端末でもロックを解除することで他の会社でも使えるようになりました。

これのような携帯電話会社ごとのロックがかかっていないSIMフリーのスマートフォンでは大手携帯電話会社のみの利用に縛られず、多様な会社のサービスを利用することができます。

インターネットのプロバイダーや大手スーパーマーケットチェーンの系列会社なども参入しさまざまなプランが提供されています。

使う会社のプランによってはスマートフォンの利用料金をかなり安く抑えることが可能になるのがメリットで、月々の通信費の節約になることも多くあります。

またどこの通信会社でも使えるSIMフリー端末のメリットには、海外に出かけたときでも現地でSIMを購入やレンタルしていつも使っているスマートフォンを使えるということがあります。

旅行や出張で海外に行くときには便利でしょう。



そのほかにも格安SIMを使うメリットには、大手キャリアにつきものの2年縛りがないという点も挙げられます。

とはいえ多くの会社で最低利用期間は設定されていますが、その期間は半年や1年程度で大手キャリアより大幅に短いのが特徴です。

そのため品質に不満があったときでも比較的気軽に他社に乗りかえができるでしょう。



料金が抑えられメリットの多い格安SIMですが、デメリットもないわけではありません。

無料通話プランや通話料金の定額プランの種類が少ないため電話としての利用が多い人の場合は、通話料で料金が高くなってしまい乗り換えた効果を感じられないこともあります。

通話利用の多い人の場合は通話プランや料金を確認したうえ、乗換えを検討するのがおすすめです。
また会社によっては平日の正午近くの時間帯になると通信速度が遅くなることもあるので注意が必要です。

SIMフリーのスマートフォンは、大手キャリアを利用するよりも格安で利用でき通信費の節約になることから人気を集め利用者を増やしています。



メリットも多いですが、デメリットも考慮し自分に合ったSIMを選びましょう。