動画制作をする時には、出来るだけ分かり易くという事を考えることと、要らない事はしないという事を考えておくと良いでしょう。字幕などが入れられるようになると、無節操に字幕を入れまくって逆に見にくくしてしまうというような事もあります。動画制作は出来るだけ相手に見やすくするという事が基本であって、自分の趣味を押し付けるというようなものでは無いという事を考えておく必要があります。字幕なしという動画も珍しい事ではありませんが、出来れば字幕はあった方が良いといってもいいはずです。

何故かというと、その方が分かり易いからなのですが、問題はそのやり方がテクニックを覚えると派手になりすぎるという事があるのです。テレビなどを見ていると分かるはずですが、字幕というのはそれほど前面には出て来ません。これは、あまりにも字幕がでてくると邪魔に感じてしまうという事があるからです。動画制作で最も考えないといけないのは視聴者に不快な感じを与えてはならないということですから、要らない事をして邪魔なモノがあるというように感じられるような事はすべきではありません。

字幕は言葉が聞き取りにくいような時に見て確認をする事が出来ればそれでいいので、特に大きく主張してくる必要はありません。動画では何を見てほしいのか、視聴者は何を見たいと感じているのかを考えて、その要求に対応した物を作るようにするという事です、自己本位な考え方は避けなければならないという事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です