動画制作のポイントはいくつかあります。やはりどんな動画制作であっても、素材が大事となることは間違いありません。素材が無ければ動画制作などできるはずがありませんから、素材作り、素材探しに時間をかけることは大事です。ここでいう素材とはスマホで撮影した動画や写真、あるいはデジタル形式の音声ファイルなどが挙げられます。

ちなみに個人的な目的で使用する場合以外は、著作権で保護されている素材の利用には注意する必要があります。これらの素材を元に動画編集ソフトで編集や加工をすることになります。基本ラインとしては、もちろん素材として撮影した動画を元にするということになるでしょう。その動画を元に、例えば不要と思われる部分をカットしたり、字幕とか説明のための音声を入れたりしていく作業がメインとなります。

場合によっては複数の動画をつなぎ合わせたり、あるいは途中に静止画の写真を組み込んだりすることもあるかもしれません。そして、見映えの良い動画とするために欠かせないのがエフェクトを入れることです。見栄えの良い動画というのは撮影したそのままではなく何らかのエフェクトが入っていることが普通です。もしどのような動画が見映えのする作品なのかを知りたければ、インターネット上にある動画投稿サイトなどを見ると良いでしょう。

引き付けられる動画作品を見て、どういうところにポイントがあるのが自分なりに理解することで、自分の作品作りに活かすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です