社外に向けた動画制作では企業の利益とは関係ないものがないと言われていますが、その中でも特に利益が直結しやすいと言われているのは展示会や製品のPRイベントになります。新聞広告やテレビコマーシャルなどではなかなか伝えることができないものも、実物を見ながら触って体験できることもなかなかありません。展示会に参加することで、大きな取引に結びついたという会社も多いです。遠目から見てなんの製品を扱っているのかを一目で知らせる必要があります。

興味がない製品であっても、動画制作されたものが面白く興味があれば製品自体も試して見たいという気持ちにさせてくれます。担当者が大きな声で呼び込みをすることもありますが、口頭で呼び込みをされると嫌だという人も多いですしわかりにくいということが一番になります。大きな声を出すこと自体がふさわしくない会場もありますし、ブランドのイメージを保つには動画制作を取り入れることが有効です。動画制作はブースにいる担当者を少なくすることにもつながりコスト削減となります。

動画の効率がとても高いので、製品を解説する人の人数を最小限にすることができ、製品を使ったrどのようになるかといったイメージも動画で行なってくれます。クオリティの高い動画制作はやはり専門業者に頼んだ方が効率がよいです。機材を一から揃える必要がありますし、動画の撮り方にもコツがあるので今日初めて明日できるようになるという技術ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です