動画制作のコツは視聴者の立場になって考えることで分かるはずです。動画が作れるようになると、どうしても自分がつくりたいモノを作るという傾向が出てきてしまうのですが、視聴者に見てもらっての動画だという事を考えておく必要があります。これは、実はとても大切な事で視聴者側に立つのか、制作者側に立つのかという立ち位置で大きく動画が変わってしまう事もあるのです。制作側からすると、出来るだけ技術を見せたいという事になりますが、視聴者側からすると、そんなモノはどうでもいいという事がほとんどになります。

細かいところまで見る人はほとんどいませんから、ハッキリ言えば、細部にわたるこだわりは殆ど視聴者は分からないと考えて良いでしょう。視聴者が求めるモノは分かり易くて、面白い動画という事がほとんどですから、動画制作のコツを考える時には、これが最優先だと考えれば、何をすべきなのかという事も分かってくるはずです。迷った時には自分が視聴者として見た時にどちらがかいいのかという事を考えれば、おのずと答えがでてくるはずです。コツというよりは目的が何かを明確にするという事が一番大切という事になるのかもしれません。

そして、ほとんどの動画制作は多くの視聴者に見てもらう事が目的になると考えられますから、そのような事を考えれば、視聴者の立場で全てを考えるというのは当たり前の事だとも言えます。ですが、これは意識しないとすぐに忘れてしまう事もあるので注意が必要です。動画制作のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です