映像制作をお仕事にする場合は、依頼主の気持ちになって考えるということが重要になります。映像制作に関する見積もりを出すと、依頼主は思っていたよりも高額な費用が請求されて驚くことがあります。そこで、見積額が高くなっている理由をしっかりと伝えて、納得してもらうことが重要になります。仕事の仲間とお話している時と同じように専門用語を使ってしまいそうになることもありますが、難しく感じられる言葉は使わずにできるだけ図やイラストで進行していくことが望ましいと言われています。

こうした相手にとってわかりにくい説明をしてしまうというのは、フリーランスの場合は大きな痛手になってしまい、収入に直結してしまう上に今後のお仕事についても不安定になります。そのため、なお一層見積もりをはじめとする映像制作に纏わる説明は慎重に言葉を選んで進めていくべきです。また、しっかりと直接話をして約束したのにも関わらず、見積もりの代金を支払ってくれないというトラブルに見舞われることもあります。口約束によって発生しやすい問題なのですが、このような問題の解決によって時間が無くなってしまうのは非効率的なので初めからしっかりと文書のやり取りをするように心がけてください。

このようにフリーランスの映像制作では気をつけなければならないことがたくさんあるのですが、自分が発信したデザインなどが世の中で話題になると嬉しいものなので会社に居るよりもやりがいが感じられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です