映像制作をしている会社はたくさんありますが、一言に映像と言ってもさまざまな作品があります。アニメのような映像制作が得意な会社、3DCGが得意な会社、ドキュメンタリーのような実写作品が得意な会社など、いろいろです。そのため映像制作を依頼する場合、複数の会社に見積もりをお願いするとよいでしょう。同じような技術を使っているとしても、得意分野かそうでないかによって工数が異なってくるためです。

工数が多くなればそれだけ費用は高くなります。また、自分がイメージしている映像作品に近いものを作っている会社を探しておくことも大切です。たくさんの会社に見積もり依頼を出しすぎてしまうと、断りを入れるのも大変になってしまうことがあります。過去の実績を公表している会社はたくさんあります。

また、そうした会社とコンタクトをとることが難しい場合は、広告代理店にお願いするのもよいかもしれません。広告代理店に希望の作品の詳細を伝えておけば、最適な見積もりを出した会社を紹介してもらえることもあります。もちろん自分で探して1社1社コンタクトをとるのもよいのですが、映像制作には納期があるものも多く、期限が短いとその分余分に費用がかかってしまうこともあります。納期はできるだけ長く設定しておくとよいでしょう。

ただし納期までダラダラと修正を重ねると、追加で費用がかかってしまうこともあります。支払う費用と作品のクオリティーに折り合いをつけることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です