テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットなど、今は色々な機器で映像を楽しめるようになりました。昔は映画を見るというと映画館で見るしか方法はなく、人々が触れる映像というのは限られたものでした。映像制作というとやはりアメリカやヨーロッパを真っ先に思い浮かべる人が多く、映像制作の本場はアメリカやヨーロッパといっても良いでしょう。映像制作の実績は日本はまだまだで、制作費も少ないのが現実です。

映画の制作費というのは何十億という費用が必要になることもあり、日本ではそこまでの予算を出せる会社はほとんど存在しないです。アメリカのハリウッド映画などでは何十億という予算は決して驚くような数字ではなく、大作映画が次々に輩出されています。実績が少ない日本がアメリカやヨーロッパのように制作費を集めるには映画人気を上げる必要があります。今は自宅に居ながらインターネットで映画や海外ドラマを簡単に見ることができる時代なので、わざわざ映画館に行って映画を見ようという人は減っているのです。

しかしながら、日本はアニメ制作のセンス、ノウハウは世界一で、実績も十分です。日本の映像制作技術を売り出していくとすれば、それはアニメになるかもしれません。日本のアニメは世界で高い評価を得ていて、日本が作り上げたブランド力のようなものに近いです。アニメを通し、日本の映像制作の素晴らしさを発信していくというのは一番良い方法なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です