映像制作とは結婚式や特別な日に制作会社に頼んだりして映像を作ってもらうことです。映像制作をしてもらう流れとしてはまず初めにヒアリングをしてもらいます。こういったときでいうヒアリングとはどういった目的で映像を作りたいのかなぜ映像を作ろうと思ったのかという目的や背景とどういう映像にしたいのかということを聞かれます。実績のある制作会社はこういったことを丁寧にしていることが多いです。

ヒアリングの時点では制作会社が主導して聞いてくれることが多いのであいまいなイメージでもいいのでイメージを持っていくようにしましょう。次にヒアリングした情報をもとに提案をしてくれます。これは企画概要を提案してこういった映像を作ろうと思っているということを提案してくれます。この時にはどのような映像をという提案のほかに映像制作のスケジュールの提案もしてくれます。

映像というからには撮影も必要になってくるのでこの時に撮影のスケジュールについて話しておき撮影を進めていきます。また映像には編集も必要になってきます。実績のある会社ではきちんと編集にどのくらいの期間がいるのか示してくれることが多いです。この提案書にはほかにも予算を提示してくれます。

映像を作るのにどのくらいの予算がかかるのかきちんと示してくれます。そこから発注に入ります。これは一部ですがこのようにして映像というものは作られていきます。なのできちんと実績のある制作会社を見つけることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です