映像制作のおよその費用は、一日あたりの費用については一日にいくつの番組を撮影しても同じ値段です。プロのカメラマンやディレクターなどに依頼すると5万円程度かかりますが、カメラマンやディレクターによって値段が違います。編集に関しては、番組の本数単位で1本5万円程度です。大切なことは、映像や音質などのクオリティによって値段にばらつきがあるということです。

どの程度の予算でやるかをまず決めて、その範囲内で諸費用にどのくらいかかるかをきちんと見積もって映像制作をした方が良いです。予算を考える際、映像制作日数がはっきりしてからの方が予算を立てやすいです。予算内容として、ロケ日数、アシスタントの人数、構成の人数、カメラ兼演出の人数、機材費、照明、音声、交通費、食事費などいろいろお金がかかります。カメラの質にこだわるのであれば、そこにお金をもっとかけたり、台本が大切でそこにお金をかけるか、ディレクターにお金をかけるかなどによっても予算が違ってくるので、予算配分をよく考える必要があります。

いずれにしても、法人化しているのとしていないのとでは、映像制作にかかる費用の負担がかなり違ってきます。なるべくならば、法人化している方が信頼が得られやすく、必要とする資金を比較的容易に調達することが出来ます。素人判断ではなく、法人化して出来ることから始めて行き、きちんと予算を立てて執行する方が映像制作の成功につながります。東京で動画制作のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です