お中元を選ぶときのマナーについて

お中元を相手に贈るときのマナーは、まずは贈る相手を考えることが重要です。お中元を贈るのは、目上の人になります。会社の上司や学校の恩師などにギフトとして贈るものです。しかし相手の職種によっては、贈ることができない職業もあります。

それは公務員であり、理由は利害関係者から金銭・品物を受け取ってはいけないことが法律で定められているためできません。もしも気になるのであれば、お中元を贈っていいのかどうか相手に確認したほうが良いでしょう。喪中にあたる場合においては、贈ってもいいのかどうか迷ってしまう人は多いですがこちらはマナーとして見た場合は問題はありません。というのも、お中元は祝い事ではないためです。

贈る側、贈られる側のどちらかが喪中の場合でも贈っても良いとされます。ただし気を付けておくべきことはあり、四十九日が経過するまでは避けておき暑中見舞いとして贈るのが無難です。ギフトとして贈るときには、おめでたい熨斗は避けておき白無地の紙や短冊をかけて贈ると良いでしょう。お中元を贈る時期は、地域によって異なります。

東京など関東においては、7月はじめから7月15日までが主流です。関西では、7月中旬から8月半ばにかけて贈るのが一般的です。北海道に贈る場合は、夏らしいものを送るときは7月15日くらいから贈ると良いでしょう。北陸地方の場合は地域によって7月前半に贈るところと8月に贈るところで異なりますので、気になるのであれば相手に確認しておいたほうが良いです。

ただ間をとって7月15日前後であれば、問題ありません。沖縄の場合は、旧暦に合わせてお祝いをする習慣があります。ですので、旧暦7月15日までに贈るのが最適です。旧暦のカレンダーを参照にするとスムーズといえます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です