気を付けたいお中元のマナー

お中元は、上司や知人などお世話になった方に贈り物をする昔から日本で慣習的に行われている行事の一つです。夏の季節物としても定着していますが、ギフトを贈れば良いという訳ではなくマナーが必要な行事でもあります。お中元のマナーとしてまず挙げられるのは贈る期間を過ぎないことで、贈る地域によっては時期も異なるため注意が必要です。ちなみに東日本では7月15日まで、西日本では8月15日までが期間とされており相手の住んでいる地域によって贈る時期を見逃さないようにします。

また、贈る商品も大切なポイントです。贈る相手が目上の方でも高価な商品を贈ることはNGとなっていて、適切な価格の商品を贈ることがマナーとなっています。なお、いくらくらいが適切な価格なのかよく分からない方には各店舗のお中元コーナーをチェックすることがおすすめです。お中元にピッタリな価格の商品が厳選されていますので、その中から相手が喜びそうな商品を選ぶと間違えることは無いでしょう。

他のマナーとしては贈られる側のマナーが存在します。お中元は本来なら手渡しが主流でしたが宅配で贈ることももはや一般的となり、インターネットで贈ることも可能です。ですがその場合、贈られる側は直接相手にお礼を伝えることができませんのでマナーとしてはお礼状を送るようにします。お礼状は届いてから3日以内に送るのが望ましく、知人であれば電話やメールなどでも失礼ではありませんがお礼状の方が丁寧さは伝わります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です