お中元を贈る時のマナー

お中元の基本は、目下の人から目上の人に向けて贈るのが決まりとなっています。そのため、マナーはしっかり守る必要があります。ふとした心遣いで人間性を見られます。反対に、友達や兄弟などの場合は同じ程度のおかえしをするといいです。

電話でお礼をするだけというパターンも時々ありますが、親しい方からのお中元の場合はお返しはしてあげるのが礼儀です。メールなどでお礼をするだけですと味気ない印象を与えてしまいます。ちょっとしたハガキでも構いませんので、しっかりとした手書きの文章でお礼書きを送るようにしましょう。文面に決まりはありませんが、最低限届いた事のお知らせとお礼は書いてください。

また、相手のご好意に対する感想なども書いて差し上げると喜ばれます。ご家族がいる方からのお返しの手紙の場合は、相手のご家族の健康を気遣う文章を最後に添えてあげるのも丁寧なやり方と言えるでしょう。お中元で大事になってくるのが、事前の下調べです。相手の好みなどを把握したうえで選ぶのがポイントです。

食べられないものや飲めないものなどは聞いておきましょう。荷物を必ず受け取れるケースばかりではありませんので、期間内に家にどなたかがいるのかも確認しておく事が大切です。お中元は感謝の印ですから、続けるということにも意味がありますので、一度贈られた場合は、毎年継続して贈りましょう。相手のご家族が多い時には、みんなで食べられるような簡単なお菓子類などもいいでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です