お中元とお歳暮の違い

お中元とお歳暮の違いはいまいちわからないという方もいるかもしれません。この2つは、どちらもお世話になった人に贈り物をするということでは一緒です。違うことは贈り物をする時期が違うということです。地域によって違いはあるのですが、お中元は7月の初めから8月の中旬ごろの暑い季節に送るのが一般的です。

そしてお歳暮は、12月の寒い時期に送ります。お歳暮は1年間の感謝の気持ちを込めて贈ることが多いので、お中元とお歳暮のどちらも贈ることが難しい場合には、お歳暮だけをおくると良いでしょう。贈り物をする相手は様々ですが、会社でお世話になっている上司や習い事の先生や親せきなどです。感謝の気持ちを込めて両親に贈り物をすることも多いです。

どこで購入すればよいのか分からないという人もいるでしょう。昔はお中元やお歳暮と聞くとデパートで購入するというイメージがありましたが、最近ではコンビニやインターネットの通販サイトで申し込む方も増えています。通販サイトは、自宅でゆっくり購入できますので忙しい人には良いでしょう。買う場所が決まってから悩むのが品物です。

特に相手の好みがわからない場合にはどのような商品を選ぶのか悩んでしまうものです。お中元は暑い季節ですので、ビールやジュースなどの飲み物やゼリーなどの詰め合わせも良いでしょう。また暑い季節に好まれるそうめんセットなどもお勧めです。お歳暮は寒い季節なので、お鍋の具材セットや日本酒やお菓子の詰め合わせなどもお勧めです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です