お中元を贈る時期は地域によって異なる

お中元は東日本だと7月1日~15日までで、西日本だと旧暦にあわせた1ヶ月遅れの8月1日から15日までです。最近は、地域に関係なく7月の中旬までに贈るのが一般的で迷ったときは、この時期に贈っておくとマナー違反にはならないと言えます。日ごろからお世話になっている方に対して、感謝の気持ちを品に託し贈る季節の挨拶で、もとは中元は7月15日のことで、仏教が日本に伝わってこの日と盂蘭盆会がお盆の行事となって子どもから親へ魚などを贈りました。お盆は盂蘭盆会の略だと思う人が多いですが、この「盆」は盆に迎える霊に供える器のことで器で祀る祭り自体を言います。

盂蘭盆会はサンスクリット語だと逆さにつるされた苦しみを救うという意味があり、目連が死んだ自分の母親が餓鬼道に落ちて苦しんでいるのを救って、7月15日になると祭壇をもうけて灯明を灯して五菜をそなえて父母の供養を行ったのが盂蘭盆会の始まりだとされてます。これが日本へ伝わって、独自の祖先崇拝と融合し日本独自のお盆行事となったそうです。お中元は東京などの新盆(7月)の地域なら7月15日までに贈り、それ以降は「暑中御伺い」になり、立秋を過ぎると「残暑御伺い」として贈ります。旧盆の習慣がある地域だと8月15日までにお中元を贈り、旧盆地区から新盆地区へお中元を贈るなら、相手の習慣にあわせて7月15日までにします。

7月16日以降なら「暑中御伺い」として、どの場合でも相手にあわせて贈ることが重要です。お中元のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です