お中元の挨拶分や添え状

近年ではお中元は手渡しではなくて、直接相手の家へ宅配で贈ることが増えてます。相手が遠方だと直接訪問することが難しいときや、先方が忙しくて時間の調整をするのが難しいなど色々な事情があって手渡しが出来ないことも多いです。ただ、本来は特にお世話になった方へはお中元を持参して日ごろの感謝の気持ちを伝えるのが望ましいです。お中元を持参し直に渡せないで配送するときは、別に挨拶状を送るのがマナーです。

挨拶状は商品と一緒に送る添え状、別に郵送する送り状があって送り状の方が丁寧になります。目上の方なら送り状を別便で出して、品物よりも先に届くように早めに投函するのが基本で、お中元を贈ることを事前に知らせておけば先方も受け取りやすくなります。ギフト店や百貨店等で買うときは、添え状を用意していき、店や購入する品によって添え状の対応可否が違うこともあり商品と同送可能か確認が必要です。封筒に入れるときは、封をしてしまうと同送が出来ません。

実は、通常は書状は信書扱いになり宅配便で送ることが出来ないため、封を閉じてない添え状なら商品と一緒に送れます。インターネットからでも最近は簡単にいつでも注文が出来て、そのまま配送が出来るようになってますが事前にそのサイトのサービスの確認もしたほうがいいです。定型の挨拶状や自分で作ったあいさつ文でメッセージカードを作成できるサービスなどもあって、これらを使えば挨拶の文章などに迷ったときも安心です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です