お中元で避けるべき物と金額

夏の時期が近づくとお中元の準備に取り掛かる方がいらっしゃいます。そもそも、お中元とはお世話になった方に感謝の気持ちを込めて贈る夏の挨拶です。中元というのは、中国の漢民族の多神教的宗教の一つである道教に由来する伝統的行事のことを指します。その行事は旧暦の7月15日(日本では旧暦7月15日又は8月15日)に行われて、祖先を供養する盂蘭盆会をします。

日本では道教を通じて盂蘭盆会が伝わりお盆の行事となりましたが、江戸時代には祖先の供養と共にお世話になった方等に贈り物をするようになりました。では贈るにあたってどのくらいの金額のものが良いのでしょうか。大体3000円から5000円が相場と言われていますが、相手のことを考えるのがポイントです。例えば、相手方のご家族等が少人数であれば量より質で楽しめるもの等です。

最近はカタログギフトが注目されています。確かに、相手の都合を全て把握している訳ではありませんから、相手方が欲しいものを選べる点は喜ばれやすくなります。お中元を贈る際に避けるべきものは、現金や商品券です。これらはお金に困っているというネガティブな連想をしてしまいます。

ネガティブな印象を受けてしまうものとしては、靴やスリッパ、刃物やハンカチがあります。前者については踏みつけると、後者については縁が切れると連想される恐れがあります。金額や贈るものを考える上で一番大事な観点は、できる限り悪い印象を受けずに感謝という温かい気持ちを伝えられるかどうかです。これを果たすためには、相手方とコミュニケーションを通じて好み等を得ておくと有利と言えます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です